インクジェットの情報が満載!

塩ビもおまかせ!インクジェット出力

塩ビもおまかせ!インクジェット出力 プリンターにはインクジェット出力とレーザープリンター出力があります。
一般家庭で年賀状や日々のコピー作業などで使う分には、インクを対象へと直接噴きつけるタイプで色味が鮮やかなインクジェット出力のものが適しています。
一方レーザープリンターは色の再現性は若干落ちるものの、コストが割安なため、大量印刷を必要とするビジネスシーンにて大活躍しています。
そんなインクジェット出力では、その目的によって対象となるメディアもさまざまです。
一般的に色の再現性をさらに求めることを目的とする場合、普通用紙よりも光沢紙のほうが効果が高くなります。
ターポリン(幕素材)・メッシュなど多くの素材で同様の効果が得られますが、フォト光沢紙などでは特に発色も良く、まるで写真かと思うほどの光沢を得ることができます。
中でも画期的なものは塩ビ素材です。
糊付き塩ビフィルムは耐水性・耐光性に優れていますので、カーラッピングなどにも重宝されています。
発色が良いのが特徴のインクジェット出力は、塩ビ素材でその鮮やかさと機能性を大いに発揮するという特徴から、街で見かけるちょっとした看板・パネル・壁紙や床材などにも非常に幅広い範囲で利用されています。

シール作成にも大活躍のインクジェット出力

シール作成にも大活躍のインクジェット出力 インクジェット出力はシール作りにも大活躍なのご存知ですか。
インクジェット出力は紙などの媒体に直接インクを噴きつけるタイプの印刷なのでレーザーを使ってトナーを付着させて印刷するレーザープリンターよりも発色力が違います。
使用するインクの種類を変えれば耐水性もあげることが出来るので屋外で使用するようなステッカーや大事な書類を送るときに使いたい宛名シール、水回りで使う調味料用の瓶のラベルなどを作る時にもおすすめです。
インクジェット出力はカラー印刷をするなら消費電力が少ないためコストも抑えることが出来るという特徴があります。
本体価格も安く済ませることができるほか、サイズもコンパクトなので個人でも使いやすく持ち運びしやすいため家庭用としても人気があります。
比較的インクがにじみやすいという特徴があるので普通紙よりもラベル用紙や光沢紙などを利用するとより綺麗に印刷ができます。
インクは染料インクと顔料インクの2系統に分けられています。
染料系インクは色再現性が高く光沢が出やすいため美しい仕上がりになりやすいですが耐水性が低い場合があります。
顔料系インクは耐水性が高いものの光沢が出にくいと特徴があります。
印刷物に合わせてインク選びをすればよりインクジェット出力の力を引き出せますので参考にしてみて下さい。

お勧めのインクジェット関連サイト

インクジェットの出力を格安で受けてくれます

インクジェット出力を頼む

新着情報

◎2019/1/10

インクジェット出力の料金
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

大判のインクジェット出力の専門
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

大型インクジェット出力について
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

インクジェット出力業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

インクジェット出力の費用
の情報を更新しました。

◎2018/3/20

サイト公開しました

「インクジェット 出力」
に関連するツイート
Twitter

同じデータでの比較、角丸いほうがインクジェット非対応、丸くない方はネットプリント出力。非対応は細かい線が消えちゃってて、ネットプリントは青み強め?線はしっかり出てる。 pic.twitter.com/Nx1yqN81T1

Twitter九洲*booth自家通販@_kzkg_

返信 リツイート 55分前

家庭用インクジェットプリンタ出力よりRetina4Kディスプレイのほうが綺麗だし…

返信先:@keiko_seto いつの間に販売終了してたのか知らなかった。 点描グラデーション良いですね インクジェットプリンターで出力してUVで版を作るやつは検索したら出てきましたが 本体がお高い。パソコンも要るし。 ポムリエの修理保障と周辺商品があと50年くらい出続けますように。あるいは新機種。 pic.twitter.com/BSErSdooFo

あのインクジェット出力の通知書、有り無しで値段変わるのかな

クライアントに印刷見本として色校正紙を渡す場合に望ましくない構成出力機は「インクジェットプルーフ」

Twitterグラフィックデザイン検定1級対策@GDkentei_1

返信 リツイート 昨日 20:39

クッキングシートを紙にテープで止めてインクジェットプリンターで出力。少し湿らせた木の板に上からこすると転写できますよ。 pic.twitter.com/NqhbW1tJVZ

Twitterモーニングスターブックス@morningstar_bks

返信 リツイート 昨日 16:13

返信先:@ienaga045他1人 Stratasysのインクジェットならフルカラーも表面のグロス/マット仕上げも「一応は」可能ですが、塗装は要らない代わりにサポート除去・研磨の工程に結構な手間がかかるのと、出力代金が10倍〜数十倍になりますね。

出力ポスターのインクジェット大判カラープリント 1枚より goo.gl/7frpgg

Twitter印刷のオリジン・グラフィック★@ori_gra

返信 リツイート 1/18(金) 23:11

返信先:@zero_0w0 ですねー。私の場合はオフセット印刷前提で色づくりをしているので、それ以外のインクジェットやレーザー出力だと薄い色は比較的色が飛びやすいです(;´∀`)

Twitter緋野 湊@3月僕ラブ参加予定@minato_spc

返信 リツイート 1/18(金) 20:52

クライアントに印刷見本として色校正紙を渡す場合に望ましくない構成出力機は「インクジェットプルーフ」

Twitterグラフィックデザイン検定1級対策@GDkentei_1

返信 リツイート 1/18(金) 20:39